癌を転移させないために~癌を予防、治療する上で大切なこと~

医者

早期発見と予防のために

寿命を持たない細胞の分裂

看護師

人間の体は細胞によって構成されていますし、この細胞はたびたび分裂をおこなっています。なぜ分裂するかというと、細胞には寿命があり、それが尽きると力を失い、老廃物として排出されるようになるからです。細胞がなくなると体を構成することができなくなるので、そのため細胞は、新しい細胞を分裂により生み出しているのです。しかしその過程で、寿命を持たない異常な細胞が生み出されてしまうことがあります。これがいわゆる癌細胞で、これは寿命がないのですから力を失うことがなく、細胞分裂で延々と数を増やし、転移していきます。そして転移により体中が蝕まれ、それにより体の各機能は低下し、やがては生命が失われることになります。そのため癌細胞は、転移する前の段階で早々に排除することが大事と言えます。癌検診に高い人気があり、多くの人が積極的に受けているのは、そのためです。

免疫力を高める努力

癌細胞が生み出される確率は決して低くなく、むしろ毎日のように多く生み出されています。ところが癌細胞は異常な存在ですから、生み出されると、これを排除するために免疫力が働くことになります。逆に言えば、免疫力の高い状態でい続けることで、癌細胞の増殖や転移は防がれるようになるということです。そのため多くの人が、免疫力を高めるための努力や、低下させない努力をおこなっています。たとえば規則正しい生活習慣や、バランスのとれた食事、適度な休息やエクササイズなどです。また、ビタミンCのサプリメントやドリンクなどを飲んだり、点滴を受けたりすることも有効とされています。さらに、ストレスをためないようにすることも大事です。こういった工夫や努力により、発症が確実に防がれるわけではありませんが、リスクは下がっていくことになります。ただ以前癌になったことのある人は、普段の生活も意識しながら、定期的に病院へ行って検査を行いましょう。

免疫力によるがん治療

病棟

現代の医薬品でがん細胞を退治出来る可能性は存在しますが、身体への負担が大きいのは事実です。それを解消するために登場したのが免疫細胞治療と呼ばれる手段になります。身体への副作用が僅かなので苦しみを伴わずに治療出来るのです。

Read more...

がんの治療方法について

病棟

人間の身体の中では細胞にエラーが生じています。日常的に発生しているエラーが大きな問題にならないのは免疫力が働いているからです。免疫力の特性を活かしたがんの治療法は、免疫細胞治療と呼称されており副作用の少なさから頼りにされています。

Read more...

免疫力を活かした治療

看護師

免疫力の存在のおかげで細胞のエラーは大きな問題になりません。免疫力の特性に着目した学者によって免疫細胞療法が開発されました。がん細胞の根絶に効果的な免疫細胞療法が人気なのは、身体への負担が少ないので痛みや苦しみより逃れられるからです。

Read more...

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright ©2015 癌を転移させないために~癌を予防、治療する上で大切なこと~ All Rights Reserved.